No.116-06 16号 雅(みやび) 初正月のお祝い レギュラーサイズの破魔弓

  • 破魔弓飾り
  • 天然矢羽根使用
No.116-06    16号 雅(みやび) 初正月のお祝い レギュラーサイズの破魔弓
矢籠部分に使われている平安 時代初期に創始されたと伝わる寄木細工は、経済産業大臣より伝統的工芸品として 指定されています。
破魔弓飾り01
破魔弓は、様々な厄から身を守るための飾りとして、江戸時代初期から男の子が生まれた家に、子供の健やかな成長を願って贈ります。
天然矢羽根使用02
日本の伝統文化を守り、節句の心を伝承させるためにも希少な天然羽根を用いました。加工羽根では得られない自然の美しさが気品の高さを漂わせます。
本籐巻き03
弓には一巻き一巻き、心を込めて本物の籐を巻き付ける。そのたびに弓の持つ曲線の美しさと力強さが表れます。
飾り組み紐04
梅結びを施した組紐は、とにかく縁起が良い結び方と言えます。固く結ばれほどけない、魔除け、運命向上といった意味が込められており、お祝い事の際にとてもふさわしい結び方です。
伝統工芸の寄木細工05
矢籠部分に使われている平安 時代初期に創始されたと伝わる寄木細工は、経済産業大臣より伝統的工芸品として 指定されています。
寄木細工06
矢壷とケースの背景に施した寄木細工は、様々な樹木の自然の色を生かして組み合わせ、それぞれの色合いの違いを利用し精緻な幾何学模様を描くため、商品によって模様が異なります。
高級カットガラス加工07
通常より厚みのあるガラスに面取り加工を施すカットガラス。ケースがより丈夫になるとともに、工芸品としての趣が深まり、高級感をかもし出します。
ケース08
ひのき材は、平城宮朱雀門の修復にも用いられた極めて良質の木材です。自然のぬくもりが伝わる高級ひのきの無垢なケースは、端正な気品を演出します。
09

No.116-06 16号 雅(みやび) 初正月のお祝い レギュラーサイズの破魔弓矢籠部分に使われている平安 時代初期に創始されたと伝わる寄木細工は、経済産業大臣より伝統的工芸品として 指定されています。

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。