No.715-16 15号 優美(ゆうび) 初正月のお祝い。本格派サイズの羽子板飾り

  • お顔
  • 髪飾り
No.715-16 15号 優美(ゆうび) 初正月のお祝い。本格派サイズの羽子板飾り
ぜいたくな正絹(シルク)の素材の上にさらに刺繍が施され、鶴の柄を袖に配置した、羽子板のなかで最高級とされる豪華な衣裳です。「匠一好」ならではの秀逸な逸品に仕上がっています。
お顔01
絹の布地にさまざまな太さの筆を用いて手描きで描かれるお顔。 古典の表情を基調としながらも、目の大きさ・口地の色使いなどに現代的感覚を取り入れています。一つ一つ手書きのお顔はとても愛らしく、熟練の面相師の高い技術が感じられます。
髪飾り02
『本つげの簪(かんざし)』使用。つげの木は固く粘り気があり、古来から固く変わらない絆を表す縁起物とされてきました。また、「人魚の涙」とも言われるパールを髪飾りにあしらい、可愛らしさと豪華さを演出します。
扇飾り03
日本舞踊に用いられる本物の舞扇と同じ手法で作られています。職人ならではのこだわりです。
正絹鹿の子絞り刺繍/最高級刺繍衣装04
ぜいたくな鹿の子絞りの素材の上にさらに刺繍まで施した、羽子板のなかで最高級とされる衣裳です。 伸び縮みする絞りの素材に、刺繍をあしらうのは技術的に大変難しく、「匠一好」ならではの秀逸な逸品に仕上がっています。もう片方には、ぜいたくな正絹(シルク)の素材の上にさらに刺繍が施され、鶴の柄を袖に配置した、羽子板のなかで最高級とされる豪華な衣裳です。
持ち手部分 -柄(つか)-05
手間をおしまずこだわりを持って創作された羽子板にのみ記される証。持手の部分には、一針一針丁寧に縫い上げられた金糸による「匠一好」の刺繍が施されています。
羽子板の裏側06
上質な桐材に手描きの絵が施された羽子板の裏側。見えない所にも妥協を許さない名人<匠一好>のこだわりが光ります。
ステンレス製ケース柱07
一般的な木製ケースとは違い、縦柱をステンレス製で組み上げる事に、軽量化とともに、強度もアップさせています。ステンレスの独特な輝きが高級感を引き立てます。
六面ケース08
立体的な六面ケースにすることによりお部屋のどこからでも、気品のある羽子板を堪能することができます。
サイズ09





No.715-16 15号 優美(ゆうび) 初正月のお祝い。本格派サイズの羽子板飾りぜいたくな正絹(シルク)の素材の上にさらに刺繍が施され、鶴の柄を袖に配置した、羽子板のなかで最高級とされる豪華な衣裳です。「匠一好」ならではの秀逸な逸品に仕上がっています。

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。