No.708-46 8号 華音(かのん) 初正月のお祝い。ミニサイズの羽子板飾り

  • お顔
  • 髪飾り
No.708-46 8号 華音(かのん) 初正月のお祝い。ミニサイズの羽子板飾り
ケースの枠はグラデーションをかけた王朝塗りと呼ばれる技法で、とても高級感あふれる仕上がりです。
お顔01
絹の布地にさまざまな太さの筆を用いて手描きで描かれるお顔。 古典の表情を基調としながらも、目の大きさ・口地の色使いなどに現代的感覚を取り入れています。一つ一つ手書きのお顔はとても愛らしく、熟練の面相師の高い技術が感じられます。
髪飾り02
『本つげの簪(かんざし)』使用。つげの木は固く粘り気があり、古来から固く変わらない絆を表す縁起物とされてきました。
扇飾り03
日本舞踊に用いられる本物の舞扇と同じ手法で作られています。職人ならではのこだわりです。
正絹鹿の子絞り/正絹刺繍衣装04
神の使いとも言われる事から縁起が良く、子鹿の模様に似ていることから「鹿の子絞り」と呼ばれれる高級衣装です。もう片方は、正絹(シルク)の素材の上に刺繍が施された、羽子板のなかで最高級とされる豪華な衣裳です。
持ち手部分 -柄(つか)-05
手間をおしまずこだわりを持って創作された羽子板にのみ記される証。持手の部分には、一針一針丁寧に縫い上げられた金糸による「匠一好」の刺繍が施されています。
羽子板の裏側06
上質な桐材に手描きの絵が施された羽子板の裏側。見えない所にも妥協を許さない名人<匠一好>のこだわりが光ります。
ケース07
柔らかな日差しを感じる淡い山吹色を採用。このお値段ではありえない豪華な刺繍をあしらった満足度の高いアクリルケースです。アクリルケースは大変軽く、女性の方でも楽に出し入れが出来るのが魅力です。
ケース08
ケースの枠はグラデーションをかけた王朝塗りと呼ばれる技法で、とても高級感あふれる仕上がりです。
サイズ09





No.708-46 8号 華音(かのん) 初正月のお祝い。ミニサイズの羽子板飾りケースの枠はグラデーションをかけた王朝塗りと呼ばれる技法で、とても高級感あふれる仕上がりです。

ご購入特典ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

ご購入いただいたお客さまにもれなくプレゼント

お手入れセット
お手入れセット

羽ばたき、拭布、手袋入り

保証書
保証書

20年間の保証書です。

オリジナルネーム木札
オリジナルネーム木札

高級感あふれる木製立札は、焼印仕上げによる立体仕上げです。